吉備路文学館

展示のご案内

企画展のご案内

企画展(2展示室)

 

 125kotoba02sumitakuzutitle

       2019年6月9日(日) ~ 9月1日(日)

   

   若さとはこんな淋しい春なのか

           ―――住宅顕信

   

     岡山市出身の夭折の俳人・住宅顕信は、急性骨髄性白血

   病という病魔と闘いながら、俳句を作り続けます。顕信の俳句

   をじて発せらる“ことば”は、一つ一つに想いが込められ、

   句に出会った人の心打ち、前へと向かう力を与えてくれます。

    そんな住宅顕信の句に自身力を与えられた岡山市出身

   映画監督が、映画 「ずぶぬれて犬ころ」 製作。五月下旬に

   岡山市内の映画館で、一週間の期間限定で上映されました。

    今回の上映記念企画展では、スクリーンで登場する遺品類、

   顕信の句が登場する場面を句とともに展示し、映画の短縮版

   を展示室で上映いたします。

 

  125kotobanochikara01  125kotobanochikara02

 

 左:展示チラシ(特別展と共通)・表面 (PDF形式:約634KB) / 右:裏面 (PDF形式:約636KB)

 

 

  《映画「ずぶぬれて犬ころ」》

  125zubunurete01  125zubunurete02

     左: 映画チラシ・表面 (PDF形式:約409KB)        右: 裏面 (PDF形式:約546KB)

 

     ◇今回上映する短縮版は、『ずぶぬれて犬ころ』本編

     (100分) の中から、本展示の展示物が映っている

     シーンを中心17分に抜粋したものです。

 

 

 

 ※関連イベント情報はこちら

 

入館料

1F・2F共通】

 一般 400円、大学・高校生 300円、中学・小学生 200

 その他各種割引あり →詳細

開館時間

 9:30~17:00 (入館は16:30まで)
休館日

 毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日