吉備路文学館

文学者紹介

山下陸奥

やました むつ

生没日
明治28年(1895)~昭和42年(1967)
ジャンル
歌人
出身地
広島県尾道市 

広島中学を経て、東京高等商業学校に入学したが中途で退学。大正8年、住友合資会社に勤務。昭和3年、辞職して上京。4年、研究誌『一路』を発行。その後も、夫人と『一路』の発行に専念し、歌壇有数の結社雑誌に育成した。

第一歌集「春」をはじめ、「霊鳥」「平雪」などの歌集がある。木下利玄の影響を受けながら穏健な写実歌風である。